2018年2月19日月曜日

キッズリーグU8

先週のU9に続きU8も今年度の最終戦。
新しい仲間も増え今回は2チームエントリーです!
つくばJr戦
二の宮戦
A・Bチームそれぞれ7人ずつ。交代要員なしの4試合、1年生もフル出場です。

今回初ゴールを決めることが出来た子、
「自分がやらなければ」と積極的なプレーを見せてくれた子、
最後の試合はさすがに脚も止まってしまいましたが、
最後まであきらめないプレーを見せてくれました。

凍てつくような風の中いつも温かい声援を送ってくれるご父兄の皆様、
対戦いただいたチームの方々  ありがとうございました。

2018年2月12日月曜日

キッズリーグU9

今年度キッズリーグU9の最終戦です。
昨年の4月から厳しい戦いが続きましたが
少しずつ吉沼らしさ、自分らしさが表現出来るようになって来ました。
谷田部戦
パルセンテ戦
常に目標を持って一段ずつ階段を上って行きましょう!

2018年1月31日水曜日

U-11 中村杯県大会1次R(1/28)

「中村杯県大会1次ラウンド突破」
この1年間、みんなで目指してきた【目標】

たくさんの楽しいこと。そして、それと同じくらい悔しいことや辛いこと。
その目標に向けてこの日までに、いろいろな経験や努力を一人ひとりが重ねてきました。

1月28日(日)、5年生は中村杯県大会1次Rに臨みました。

集合写真

残念なことに、インフルエンザのためピッチに立てない選手が出てしまいました。
この場にいられない悔しさ。誰よりも仲間たちがいちばん分かっています。
そんな中でも「全員で戦う!」という姿勢、普段と変わらずにしっかり示してくれました。

横断幕も冷たい雪の上で見守ってくれています

3試合。

どの試合も、終了の笛がなるその時まで、誰一人緩めることなく挑みました。

さぁ、試合開始。

ペナルティーエリアの中では貪欲に

譲らない強い気持ち

自分たちにできることを懸命に

確かに感じた成長と自信

1次R敗退。
【目標】には届きませんでした。

すべての試合が終わったあとのみんなの顔には、笑顔も涙もほとんどありませんでした。
真剣に取り組んだからこそ、強い気持ちで臨んだからこその、届かなかった悔しさ。
そして、やれることはしっかり出しきったという、少しの充足感。
これまでに見たことのない表情のように、コーチには感じました。
本当は、みんなはどう感じていたのかな。


勝っているときも負けているときも、プレーしていて「楽しい!」と感じられること。

そのためには一人ひとりが常に懸命さを忘れないこと。

それが、観ている人にさえも「楽しい!」を伝えられるサッカー。

みんなで目指してきた、吉沼の強いサッカーの形だと思います。


今日は笑顔で終えることはできませんでしたが、
みんなの戦いを観ていてくれた人には、そのかけらがしっかり伝わったことを願います。

そして、
悔しいであろうみんなには伝えられなかったけど、本当に「素晴らしい戦い」だったよ。



今日の悔しい想いが、また形を変えて次の目標へと進む力に変わっていきます。
また明日から、一歩ずつ、みんなで、前へ。

---

数日前の大雪の影響が大きく、延期となる会場も多くありましたが、前日までのたくさんの方のご尽力あって、我々のブロックは会場を変更して日程どおり開催できることとなりました。
会場担当の皆さま、対戦いただいたチームの皆さま。本当にありがとうございました。

そして、寒い中にも関わらず、たくさんのご父兄、OB、コーチたちが会場まで駆けつけて、懸命な声援を送り続けてくれました。ピッチに倒れた選手には大きな励ましの声を届けてくれました。
本当にありがとうございました。

この世代もいよいよ、来年度は最終学年を迎えます。
こどもたちの今後にご期待下さい!

2018年1月21日日曜日

U-11 中村杯直前合宿(1/20・21)

1月20日(土)・21日(日)、5年生は1/28から始まる中村杯県大会に向けた最終調整として、冬季合宿を行いました。

県大会進出を決めた2次予選終了直後から、その準備をスタートしていました。
「県大会までの1ヶ月あまり、短い時間で最良の準備を!」
その1つの答えが今回の合宿でした。さぁ、良い準備ができたかな。


~ その1 サッカー編 ~

【1日目】トレーニングマッチ
県大会直前にも関わらず、同じく中村杯に挑む多くのチームにご快諾いただき、7チームでのトレーニングマッチを実施することができました。

芝のグラウンドで熱戦!
芝のグラウンド2面で繰り広げられる戦いはまさに、県大会プレ大会として貴重な対戦ばかり。

ライバルチームの戦いを観戦
試合の間も、他のチームの試合から目が離せませんでした。

円陣
レベルの高い相手、過去に実力の差を見せつけられた相手との試し合い。自分たちが今どう戦うべきか?しっかり確認することができましたね。

全体挨拶
ご参加いただきましたチームの皆さま、本当にありがとうございました!
中村杯本戦、お互いにがんばりましょう!

【2日目】チーム練習
翌日は、チーム練習を実施。
得られた課題を1つずつ確認します。
いつもより長い練習時間でしたが、集中して取り組んでいました。

ハーフコートで意識したい動きの確認
みんなの「もっと上手くなりたい」という気持ちがコーチたちにも強く伝わってきたのは、昨夜の話の余韻でしょうか。
天気にも恵まれ、思いっきり汗を流すことができました。



~ その2 合宿編 ~

今回は、TMや練習だけで終わりではありません。
この年代では初めてとなった今回の合宿。
食事、お風呂、睡眠。共同生活のなかで、みんなの結束が試されます。
コーチたちも、いろいろな場面でみんなの「新たな一面」を発見できました(^^)/

晩ご飯、誰がいちばん食べるかな?

布団も自分たちで用意!性格が出ているのかな?

チームの仲間の前での発表
夕食後のミーティングでは、みんなの「夢」の話を発表してもらいました。
サッカーのことも、サッカー以外のことも。来年の夢も、将来の夢も。
そして、そのために今何をしているのか。。。いろいろな話を聞くことができました。
それが叶う日までは、チームメイトだけの秘密。。。

朝の散歩。日の出の前に起床しました

綿毛も凍てつく寒い朝
あっという間の2日間。
そう感じたのも、充実した時間を過ごせたからでしょう。
合宿は、来週からの県大会に向けての単なる調整に留まらず、
チームとして、一人ひとりの距離をさらに一歩近づける良いきっかけとなりました。


最後に。
会場となった「龍ヶ崎湯ったり館」には、企画段階での相談から当日の対応まで大変お世話になりました。
ご父兄の皆さまには、今回の合宿やTMに多くのサポートをいただきありがとうございました。
残念だったのは、インフルエンザの影響や当日の体調により、全員を宿泊参加させてあげられなかったこと。
今度は全員参加できるように、また次回を企画したいと思います。


いよいよ来週から中村杯県大会。
強い想いで臨むこどもたちに温かい応援よろしくお願いします!

キッズリーグU-9

U-9チームにとっては今年の初戦
インフルエンザなどで3名が病欠となりましたが
他のメンバーでどれだけ頑張れるか!
3年生が少ないのは承知のこと。言い訳にはなりません。
こんな時こそ頑張ってアピールしよう!
吾妻戦
高崎戦
厳しい試合の連続でしたが4試合目、0-1からの後半戦、みんなのスイッチが入り
そこからゲームをひっくり返したことはみんなの成長がうかがえたと思います。
簡単に勝てる試合はひとつもありません。
失点を最小限におさえて少ないチャンスを物にする。
ボールが来ることを想像して走り続ける。
少しずつ1歩ずつスピードも上げながら・・・





2018年1月11日木曜日

キッズリーグU-8

U-8新年一発目、土浦協会です。
今回のポイント、2年生は先月のU-9の試合で気になったルーズボールへの対応と1対1での執着。
1年生はボ-ルに絡んで行くこと。
Vs真鍋
Vs GBC
Vs新治
Vsウィンズ
冬休み中の自主練の成果か!?  それともお年玉の成果か??
みんな素晴らしい動きと気持ちの入ったプレーでコートを走り回りました。
いままで遠慮がちだった子も積極的なプレーを見せ、
全員が100%のプレーを、気持ちを出せたと思います。

コーチには嬉しいお年玉でした。

寒い中温かい声援を頂いたご父兄のみなさん。
対戦頂いたチームの方々。
ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。


2017年12月13日水曜日

U-11 中村杯県南予選(12/3・10)


12月3日(日)と10日(日)、5年生はいよいよ今年度目標としてきた「中村杯」の県南予選を迎えました。

県大会へ出場し、みんなでこの1年間目標としてきた場所に挑むためには、まずはこの予選をしっかり勝ち抜かなければなりません。
この日までにしっかりと準備してきたこと、はっきり結果として示すことができるか。
5年生の戦いが、いよいよここから始まります。

この横断幕をもっと高いところへ掲げるために

【12/3 1次予選】
3チームブロックでの戦いです。
得点を奪うまで相手の懸命なディフェンスに苦労した試合もありました。
それでもしっかり無失点で1次予選を勝ち抜けることができました。

PKから先制!

【12/10 2次予選】
1次ラウンドを勝ち上がった4チームでの戦いです。
15分ハーフとなり、1点の重みが増した緊迫したゲームとなりました。

これまでにみんながやってきた努力を信じよう

さぁ、行こう!

初戦は、これまでIFAリーグなどでも接戦を演じてきたライバル。
ゲームは優位に進めるものの、お互いの「勝ちたい」思いが試合を膠着させます。
後半にカウンターから奪われた1点を返すことができず、敗戦。




敗戦に涙を流すみんなを何度も見てきたコーチは、
「この敗戦を引きずってしまわないだろうか?」と一瞬不安を感じました。
でも、試合終了後に帰ってきたみんなの表情を見て、心配はいらなかったと安心しました。
「このままでは終わらない!」という強い気持ちが、みんなをまた1つ成長させたように感じます。
接戦ながら残りの2試合を勝利し、県大会出場を決めてくれました。

選手だけでのミーティング

 この1ヶ月で、大きく変化したこと。
それは、みんなが「みんなで考えながら取り組む」努力をしていることです。
しっかり気持ちを伝えあうことで、1プレーの質はもっともっと上がっていくはず。

試合前、全員での円陣

まずは、県大会出場おめでとう!
予選での5試合、全勝とはいかなかったけど、本当に良いサッカーができるようになってきたとコーチたちは思います。
でも、良いサッカーをしたチームが必ず勝つとは限らないのが、サッカーの怖いところでもあり、サッカーの魅力でもあります。
膠着した試合で少ないチャンスを活かすことができるか、県大会へ向けたこれからの課題です。

これから1ヶ月、みんなでしっかり調整して、中村杯県大会へ挑もう!

応援ありがとうございました!

対戦いただいたチームの皆さま、ありがとうございました。

また、2日間、本当にたくさんの声援をありがとうございました!
これからも温かい声援よろしくお願いします。