2017年10月12日木曜日

U-11 東京ガスカップ2017(11/8・9)

「悔いの残らないプレーをして、絶対優勝するぞー!」

大会に向けた、キャプテンの力強い言葉。
5年生は、11月8日(日)・9日(月・祝)の2日間、「つくばのてっぺん」を目指して、東京ガスカップ2017に参加しました。

【1日目】
予選ブロック。
取り組んできた厚みのある攻撃、しっかり表現できましたね。
これまでには見られなかった様々なパターンでの得点ができました。
しっかり3勝して2日目の1位リーグ進出を決めました。
vs FC北条
vs 牛久FC

【2日目】
順位別リーグ。
熱い接戦を制したゲーム
スピード、球際の強さに押されたゲーム。
結果は、「4位」でした。
vs FC谷井田、歓喜の決勝ゴール!
vs 新治SC

「つくばのてっぺん」
この目標をみんなで目指してきただけに、決勝進出を逃した試合のあとは、
しばらく誰もベンチから立ち上がることができませんでしたね。
みんなは今日のこの結果をどう受け止めたかな。

悔しい結果だったと思うけど、「悔いのないプレー」ができたでしょうか。


試合で課題を得て、練習で取り組む。
この数ヶ月でのみんなの成長は、コーチたちの目には明らかです。
だからこそ、Hコーチが悔しかったこと。
みんなの成長を、結果というわかりやすい形で伝えてあげられなかったこと。
そして、全員に十分な出場機会を与えてあげられなかったこと。
コーチもみんなに負けないよう、成長しなくちゃいけませんね。


今大会、このU-11年代で強く感じたことは、それぞれのチームにそのチームのサッカーのカラーがあって、それがより濃くなっているということ。
いろいろなチームがあって、とても刺激になります。

じゃあプリマーリオってどんなチーム?

5年生のみんなには、それを示すことができると確信しています。


もっともっと高いところへ。みんなで一緒に進もう!

大きなカップじゃなかったけど、しっかりお土産いただきました!
MVP受賞への手荒い(?)祝福



---【番外編】---
ガスカップ1日目のお昼休みには、恒例のママさんサッカー大会が開催されました。
お母さんたちがピッチで熱戦!こどもたちがスタンドから懸命に応援!
ナイスゴール!応援団も盛り上がりました!
いつもとは反対に、ピッチから見える景色、いかがだったでしょうか。
こどもたちの熱い応援、届きましたか?
こどもたちはいつも、お父さん・お母さんの温かい声援に背中を押してもらっています。
その感謝の気持ち、今回はこどもたちがスタンドから伝えられたのならとてもうれしいです。

2017年10月4日水曜日

スポーツオーソリティカップ

9/30(土)スポーツオーソリティカップ2017 @浦和レッズランド

吉沼FCとしては初参戦となるスポーツオーソリティカップ。
関東大会勝ち抜けで全国大会(@大阪吹田スタジアム)へつながる大きなイベント。

早朝からの移動となりましたが、遠足気分で上郷出発!

会場はBGMが鳴り響き、プロのMCによるゲーム進行。

普段のローカル大会とはまったく違う雰囲気に、笑顔がひきつる吉沼イレブン。


予選リーグは3チームブロックを2連勝で無事1位通過。
雰囲気に飲まれ、固さの残る立ち上がりでしたが、何とか流れをつかみ無失点で
勝ち抜けました。
しかも、今大会は10分ー1分ー10分の超変則ルール。
少ないチャンスをものにしないと、あっという間にゲームは終わってしまいます。

準々決勝 VSダイナモ川越東FC
決勝トーナメント初戦の準々決勝では、1-1からのPK戦(3-2)で勝利し、準決勝進出を決めました!
かなりの強豪チームでしたが、我がチームの気迫が上回りました。

準決勝はまさかの茨城県対決。
TMでもお世話になった、日立グランデジュニアさんとのゲーム。
全国がチラチラ見えてきたせいか、固さと緊張の中、前半は均衡したゲーム展開となりましたが、後半スイッチオンで、5-1で快勝。


決勝 VSヴィルトゥスSC
照明に灯が入り、MCとBGMで盛り上がる中、ついに決勝戦。勝てば大阪!

強いチームでした。0-2で完敗です。
プレスの速さ、球際の強さ、1枚上手でした。
ことごとく吉沼のパスが相手の足にひっかかります。
ちょっとした油断、隙をつかれての2失点。
どうすれば相手が嫌がるか。少ないチャンスをいかに得点に結びつけるか。
得るものの多いゲームでした。

準優勝!
決勝戦後、悔しさを全面に出す選手たち。
もちろん、負けた悔しさを感じることは必要だけど、この大会で得たものは多いはず。
初参戦の田舎のチームが、存分に存在をアピールしました。
『あのチームはなんなんだ?』と、会場の空気を変えてきました。

雰囲気に飲まれることなく、しっかり結果を残し、確実にステップアップできたチームに、コーチは成長を感じます。

ご父兄の皆さま、早朝からの遠征となり、大変なご負担をおかけいたしましたが、子供たちはとても良い経験ができたと思いますのでご容赦願います。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

2017年10月2日月曜日

U-11 強化TM3連戦(9/23、9/30、10/1)

今年度も後半戦に入りました。
5年生はさらなるレベルアップのため、3日間の強化TMを開催しました。

9月23日(土) vs埼玉レジスタFCさん
心配された天気も回復
すべてが速い!判断が遅いとすぐに囲まれました
懸命に食らいつきました

9月30日(土) vsウェルネスフットボールアカデミーさん
よりゴールに近づくために
みんなで何ができるのか
一緒に考え、試合で試します

10月1日(日) vsバンビーノSCさん
チーム全体が連動して動き出すサッカー
少しずつイメージが共有できてきました

強豪チームとの対戦が続く中で、できること・できないこと。個人の課題・チームの課題。多くの気付きを得られたでしょうか。


全国の上位を目指すチームとの間にある差を直接測る機会はそうはありません。
圧倒的なほどの実力とプレーに対する自信の前に、何もさせてもらえない時間が長くありました。
ただ、自分たちよりも上を行くチームに食らいつくことで、普段の練習からだけでは得られない成長ができることがあります。
多くの選手に、プレーに対して悩みながら、それを克服しようとする場面がみられました。

この3連戦を通して、みんなは何を感じ、何を得ることができたでしょうか。
コーチたちにとっては、5年生の前半戦でできるようになったことを、更に次のステージに進めて成長するために、チームに必要な課題とその解答の両方が得られた素晴らしいTMになったと感じています。


今年度目標とする大会に向け、ライバルとのポジション争いも激化しています。
楽しみながらも競い合い高め合う雰囲気が、今の5年生にはあります。
みんながどこまで成長できるのか、本当に楽しみです。
ナイスゴール

トレーニングマッチで対戦いただきましたチームの皆様、本当にありがとうございました。

最後に。
TM2日目の終了後、みんなに伝えた言葉を覚えていますか。
『思いっきり走り回ってどろんこになったユニフォームが、次の朝にまたキレイになって乾いていることを当たり前に思わないこと』
支えてくれる人がいるからこその今日。忘れないようにしよう。

ご父兄の皆様。変わらぬサポートありがとうございます。
朝晩はすっかり秋の気温となり、体調を崩す子も多くなってきたようですので、
皆様、体調管理にはくれぐれもお気をつけてください。

2017年9月28日木曜日

土浦協会U-8

9/24からっとした秋晴れのベストコンディション
土浦協会U-8に参加しました。

真夏の暑さからは解放されたものの幼稚園児を含む11名での6試合
今回も全力プレーを発揮してくれました。
真鍋A戦
サンダーズ戦
新治戦
試合を経験するたびにみんなの成長が発見できます。
「一生懸命やるからこそサッカーは楽しい」
みんなが必死でボールを追う姿 
これからどんどん上手くなっていく。
そして もっともっとサッカーが楽しくなっていく。

土浦協会のチームの皆さん、これからもよろしくお願いします。

2017年9月25日月曜日

IFAリーグU-10第二節(9月24日)

9月24日(日)、取手緑地運動公園
6月から延期となったIFAリーグU-10第二節が行われました。
1試合目は調子が上がらず、3試合目の後半は体力不足で足が止まるという内容で、結果としては1勝2敗と不本意な結果に終わりました。
とりで倶楽部ドリーム戦では、守備範囲の広いGKの動きに手を焼き、押し気味にゲームを進めるものの、なかなか点差を広げられず最終的には1点差で辛くも逃げ切ったという感じでした。
FCレジスタつくば戦では、過去何度か接戦を演じた相手ではあるものの、今回は相手のボールへの執着、勝利への執着が勝り、0-3と完敗でした。
敗戦のショックを引きずらないことを指示しゲームに臨みましたが、互角以上の試合をしていたものの、先制点を奪われたあと巻き返せずに、最後はスタミナ切れで足が止まり反撃も出来ずに終わりました。
3試合を戦って、これまで見えていた課題に加えて、新たな課題も見つかりました。1ヵ月後にもう一度同じ組み合わせの対戦があるので、3戦3勝出来るように修正していければと思います。

2017年9月13日水曜日

JCカップ

9月10日(日)、茎崎運動公園

JCカップに参加しました。いつもとは違うフットサルサイズのコートでの7人制ということで、コーチ陣はどうなることかと心配しておりましたが、選手たちはうまく対応してくれました。
崩して得点は難しいかと思い、「守備をサボらず、ボールへの寄せを早くして失点しないこと」を目標にゲームに臨みました。どの試合も厳しい試合でしたが、ポストに救われたりと運も味方につけて予選リーグで2勝し、リーグ1位で決勝トーナメントに進出しました。決勝トーナメント1回戦は、出足で勝った分優位に試合を進め2-0で勝利。準決勝では、運動量で勝る相手に先制され、チャンスは作ったもののそのまま0-1で敗戦。3位という立派な結果は残しましたが、悔しいという気持ちが強い大会だったと思います。その気持ちを忘れずに、これからの練習の1分1秒を大切にしていってほしいと思います。

2017年9月3日日曜日

キッズリーグU-9

夏休みも終わり最初の日曜日
キッズリーグに参加しました。
夏休みの間 みんながどれだけ上手くなったか進化しているのか!?
3人しかいない3年生ですが4年生との練習の機会を多くし、
試合にも参加させてもらっている成果が3人とも見られました。
体の使い方、動き出しのタイミング、1対1での粘り、
全く歯が立たなかった試合もありましたが、それでも少しずつ一歩ずつ
確実に前に進んでいます。

3年生に負けじと2年生もチャレンジ、そしてチャレンジ。
必死でボールを追う姿は見ていてとても気持ちいいです。

対戦して頂いたチームのみなさん、
いつも温かい声援を送って頂くご父兄のみなさん、
ありがとうございました。